強化段ボールとは

海外など国によっては、まだまだ木箱の方が需要が多いですが、ダンボール箱の受け入れ可能な国も増えてきています。木箱だと木製梱包箱規制対象国向けの場合、ISPM No.15基準に従った消毒処理処理が必要ですが、ダンボールは必要ありません。

木箱のように頑丈ですが、紙のため軽量なので、組み立てに2人必要だった作業が1人で十分になる、セットアップが簡単になる、作業時間が減る、重量で計算していた輸送費が安くなる、など多くのメリットが見込めます。

輸出における木箱と強化段ボール梱包の比較

木 箱 強化段ボール
燻蒸 木材燻蒸(薫蒸)処理が必要 燻蒸処理は必要ない
廃棄 産業廃棄物として処理が必要 一般ごみ、もしくは再生ゴミ
重量 重い 軽い
航空便の収納スペース対応 合わせることは難しい直方体 収納スペースに合わせて、
角をとることが可能
カビ 環境によってはカビが繁殖しやすい 水分含有率が8%~9%と低く、
かびが繁殖しにくい