強化段ボール(トライウォール)とは

強化段ボールは、文字通り一般段ボールよりはるかに硬く丈夫なダンボールです。

一般的にダンボールは古紙をリサイクルされていますが、トライウォールに代表される強化段ボールはバージンパルプが約95%使用された耐水性ロングファイバー・ライナーを使用しております。

そのために強度においては一般段ボールとは比較にならないくらい強いダンボールです。

強化ダンボールには、代表的な2層タイプと3層タイプだけでなく、1層タイプ等いくつかの種類がございます。詳しくは下記ページをご覧ください。

強化段ボールの耐荷重(圧縮強度)について

一般段ボール(Aフルート)と強化ダンボール2層タイプ、3層タイプでの500(高さ)x500(横幅)x500(奥行)mmのミカン箱で、耐荷重(圧縮強度)です。
※計算値です。

一般段ボール Aフルート 耐荷重(圧縮強度)

約300kg

強化ダンボール2層タイプ 耐荷重(圧縮強度)

約1,600kg

強化ダンボール3層タイプ 耐荷重(圧縮強度)

約2,600kg


強化3層ダンボール
厚さ15mm 3A・AAAフルート

重さ 1㎡ 2.242kg

強化2層ダンボール
厚さ15mm 2A・AAフルート

重さ 1㎡ 1.72kg

強化1層ダンボール(SW)
厚さ5mm Aフルート

1層のタイプは他にBフルート、Eフルートもあります。

木材のように利用される
強化段ボールの広がる用途

木材並みの強度がありながら、重量は木材の1/3の強化段ボールは、一般ダンボールのような使われ方だけでなく、木材のような使われ方にも用途が広がりました。

つまり、単純に一般段ボールよりはるかに強いことで、従来のミカン箱のようなシンプルな包装資材以外にも、重量物、複雑形状物の梱包箱、パレット等のこれまで一般ダンボールでは考えられなかった利用が可能になり、用途が広がりました。

強化段ボールで梱包することで、
輸送コストが削減

木材に比べると、強化段ボールは重量がおおむね1/3です。つまり木箱に比べると軽くなり取り扱いが、用意になっただけでなく、梱包作業者の体への負担が軽減されるようになりました。
強化段ボールを利用し軽くなることでトラック1台に積む積載重量が下がることになり、トラックの燃費が良くなり、結果燃料消費が下がります。

また、木箱、鉄骨に比べると容積も減り、トラック1台に積む製品の積載量を増やすことができ、輸送コスト削減につながります。

強化ダンボール(トライウォール)の特性を生かした設計によっては、大幅な削減につながります。

強化段ボール(トライウォール)の
歴史と信頼の証

強化段ボール(トライウォールパック)はアメリカで1950年代に開発されたことから誕生しました。
その梱包材としての信頼は米軍の輸送でも活躍しています。

進化し続ける強化段ボールの世界

梱包材としての強化段ボールは、素材の幅も広がり、物流、梱包、包装以外にも利用の範囲が広がっています。

軽くて強度があるため短期間のイベントの什器やディスプレイ・遊具にも活用されています。
また、素材のもつ質感や、エコロジーといったテーマに対して提案しやすいため、これまでにない広がりを見せています。

重量物、複雑形状の包装(梱包)に困っていませんか?

・コストを下げたい・複雑形状の製品を守りたい・とにかく大きい

このような梱包(包装)における現場が抱える問題や悩みご相談ください。
梱包資材で解決できることが多々あります。