マグネットコンパス梱包改善2008

タカムラ産業では2008年VA大会で『マグネットコンパス梱包改善』を発表しました。強化段ボール梱包による輸送設計・提案を積極的に進めています。梱包を木箱から、紙(強化ダンボール)へ改善する『梱包は環境時代へ』地球にやさしい梱包を広めています。

製品の概要

 製品名 : マグネットコンパス(SH)
 寸 法 : 700×480×1310mm
製品重量 : 約50kg
仕向け地 : 中国・韓国・その他

マグネットコンパス梱包改善2008

従来の仕様

材質 : 2層強化段ボール、3層強化段ボール
仕様 : CAP・SLV・トレイ桁付・CS付き

マグネットコンパス梱包改善2008

従来の梱包手順

1.トレイに製品を載せる
2.製品を固定するためトレイに穴を開ける
3.ボルトにて製品とトレイを固定
4.付属品のダンボール箱を4個トレイに載せる
5.ダンボール箱を固定するため、トレイに穴を開けバンドにて固定したうえにストレッチでも固定
6.SLVをかぶせCAPをして梱包

改善目標

●製品固定にボルトを使用しない
●ダンボールの固定にPPバンドを使用しない
●梱包時間の短縮
●梱包人員の削減

マグネットコンパス梱包改善2008

仕様検討

●製品の位置決めはどうするか?
●CSを削減してコスト削減可能か?
●ダンボールだけで固定できるか?
●梱包を簡素化できるか?

【無駄の削減】【作業の合理化】

材質 : 2層強化ダンボール
仕様 : CAP・SLV・トレイ桁付・内装SLV

マグネットコンパス梱包改善2008

改善後梱包手順

1.トレイに製品を載せる(トレイの中に位置決めの積層を貼り付け)
2.付属品のダンボールを4個トレイに載せる
3.製品に内装SLVを使用して固定
4.SLV・CAPを上からかぶせる

マグネットコンパス梱包改善2008

マグネットコンパス梱包改善2008

試梱・輸送テスト

<栃木>←→<神奈川>間の国内輸送を実施した結果問題ナシ!

トータルコストダウンに成功

『製品とトレイをボルトを使わずに固定する』『PPバンドを使用しない』という問題点を位置決め積層をつけた後、内装SLVを使用して固定することで解決しました。そうすることで、人員の削減と包装時間が短縮し、トータルコスト削減に成功しました。

 

重量物、複雑形状の包装(梱包)に困っていませんか?

・梱包品質を上げたい・複雑形状の製品を守りたい・とにかく大きい

このような梱包(包装)における現場が抱える問題や悩みご相談ください。
梱包資材で解決できることが多々あります。