医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装2010

「医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装」が、『2010日本パッケージコンテスト』で表彰されました。「日本パッケージコンテスト」詳しくはこちら

大型・重量物包装部門賞

「医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装」
医療機器(超音波装置)を設計する際に、『輸送・保管・荷降ろし』を考えたコンパクト設計です。最小限小さくするため、折りたたみ式となっておりますが、桁付・フタ付き・スロープ付きで使用しやすく、さらに環境を考えたオール段ボール設計になっております。

医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装2010

輸送・保管を考え、コンパクト設計になっており、箱は約半分のサイズまで小さくしました。

医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装2010

バンドを外して、ふたを開けると、側面部分が折られているのがわかります。

医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装2010

側面部分を立ち上げます。

医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装2010

前面部分も立ち上げます。

医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装2010

スロープ部分を延ばせば、機械が出しやすくなります。

医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装2010

医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装2010
医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装2010

2010日本パッケージングコンテストの受賞式は東京ビッグサイトで行われました。
(株)タカムラ産業は東芝物流(株)様と一緒に開発した「医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装」で 受賞しました。本当にありがとうございます!!

医療機器(超音波装置)のオール段ボール通い包装2010

前の記事

木箱の2本ロール梱包