タカムラ産業では2006年VA大会で、「アルミコイル梱包改善」を発表しました。
トライウォール梱包による輸送設計・提案を積極的に進めています。
■製品の概要■
 製品名 : アルミコイル
製品寸法 : 径650~1080mm 巾170~260mm
製品重量 : 160~230kg/1コイル
仕向け地 : 中国・韓国・フィリピン

■従来の仕様■
従来仕様 : 上下木パレ+ハードボード巻きつけ
  外 寸 : 1100×1100×710~1220
  梱包数 : 10~25梱包/1日
梱包重量 : 480~690kg/1梱包
 コイル数 : 3~4コイル/1梱包
  段 積 : 2段

■従来仕様の問題点■
●木材使用の為、薫蒸証明書が必要
●段積みが不安定
●仕向け地側からの改善要請(木材以外)

■梱包改善検討(スチール梱包)■
上下木材の代わりにスチールパレットにて梱包し、
段積み試験の結果、スチール同士だと滑り、鉄帯を
するとパレットがゆがんでしまう問題が発生した。

■梱包改善検討(TW梱包)■
すべてトライウォール(強化ダンボール)で梱包を作成した。
2段積みをして2週間放置しても、桁のつぶれや
箱の変形は見られなかった。

■検討結果
●スチール梱包だと、段積み荷役で滑ってしまい、
 鉄帯をするとスチールパレットが歪んでしまうので、問題アリ。
●トライウォール梱包(強化ダンボール梱包)は、梱包の際に
 エステルバンドを使用するので、問題ナシ。

■改善目標■
●作業時間の短縮
●梱包作業の標準化
●包材・輸送コスト削減
●コイルの径・巾の変化対応

■仕様の検討
●箱の内寸(縦・横)を2種類に設定
●高さを調整する為、スリーブに罫線を入れる
●製品に応じて2種類の寸法対応が可能

●コイルの径・巾の寸法変更に対応する三角ポスト

■改善後の梱包手順■
①製品を中心に置き、左右にトレイを配置
②アルミコイルを吸引し、トレイに移動
③アルミコイルを積み上げ、袋内の空気を吸引
④スリーブをかぶせる
⑤三角ポストを4箇所に入れる
⑥エステルバンドで梱包する
⑦製品置き場に移動する
⑧保管する

■輸送試験

●国内輸送テスト
 段積み状態で輸送テスト(栃木←→大阪間)問題ナシ
●海外輸送テスト
 2度の輸送テストの結果、問題ナシ

■改善結果■
●約30%の作業時間の短縮に成功
●誰もが梱包できるように標準化に成功
●包材は価格のアップ(トータルコスト削減に成功)
●ショートフラップスリーブや三角ポストを変形し、
 コイルの径・巾の対応化に成功
■今後の提案
トライウォール(強化ダンボール)梱包で高い評価を
得られたので、他の製品への展開を検討中!