タカムラ産業では2003年VA大会で、「医用精密計測機の輸出包装改善」を発表しました。
トライウォール梱包による輸送設計・提案を積極的に進めています。
今回は、“脱木材”梱包をテーマに木箱梱包からトライウォール梱包への転換に取組んだ
事例を発表します。
■製品の概要■
製品名 : 精密計測機
製品寸法 : 1890×1120×1070(mm)
製品重量 : 685kg
仕向け地 : アメリカ・ヨーロッパ・他国

■従来の仕様■
【密閉合板箱】
固定金具及び木材による根止め
スロープ付き

■改善点■
●輸送・保管中カビが発生
●製品に木材の臭いが付着
●物流子会社で製函ができない
●包装時間の短縮
●廃材処理がめんどくさい

■仕様の検討(1)■
外 装 : TW1300G(トライウォール)
        CCTキャップ(スロープ)・4面パネル(メタルファスナ組立)
 内 装 : BW700G(バイウォール)
        パネル式(メタルファスナ組立)・STC式上部補強材(メタルファスナ組立)
 腰 下 : TW1300G(トライウォール)
        CCT式トレイ(スロープ)・積層巻桁+合板(敷板)

■試梱の結果■
●カビ問題→解決                     【荷受メーカー回答】
●製品に木材の臭い→解決               ●外装→トライウォール化へ
                                ●腰下→合板+木材(従来)


■仕様の検討(2)■
外 装 : TW1300G(トライウォール)
        CCTキャップ・4面パネル(メタルファスナ組立)
 内 装 : BW700G(バイウォール)
        STC・パネル式押え材(メタルファスナ止め)・上部補強材
 腰 下 : 木材(熱処理材)→集成材

■試験実施■
1) 落下衝撃試験

   落下高さ  : 6インチ(152.4mm)
   試験回数  : 1回
   他条件    : 製品梱包箱の上に900kgの
             ウエイトを乗せる
   合成衝撃値 : 16.09G

   製品・包装 問題なし!

2) 傾斜衝撃試験

   製品・包装 問題なし!

3) 振動試験

  周波数範囲 : 5~100Hz
   試験回数 : 1回
   振動変化 : 0.5G一定で5~100Hzを
            7分間かけて振動上昇
            7分間かけて振動下降
  最大衝撃値 : 上昇 3.3G
            下降 3.5G

  製品・包装 問題なし!

4) 輸送試験

  【国内輸送】                【輸出輸送】
  栃木→大阪(往復)            栃木→アメリカ(往復)

  製品・包装 問題なし!


■最終仕様■
納品先で木材から紙に変わることに対しての
抵抗があったため、オール段ボール梱包(腰下
含む)にはなりませんでしたが、テストでは全く
問題ありませんでした。
改善点を解決する方法は、合板箱をトライ
ウォールに変更するのが一番良いとの判断で
紙への変更となりました。
腰下は熱処理をせず薫蒸(くんじょう)証書を
とる必要がないため、短納期での出荷が
可能です。

外 装 : TW1300G(トライウォール)
       CCTキャップ・4面パネル
       (メタルファスナ組立)
内 装 : BW700G(バイウォール)
       STC・パネル式押え材
       (メタルファスナ止め)・上部補強材
腰 下 : 集成材
固定方法 : 内装材・固定金具止め

■トータルコストダウンに成功■
合板木箱よりも、トライウォールは資材費が上がってしまうが、組立てが簡単なため、
梱包作業費が下がり、トライウォールは紙なので梱包重量も減らせる為、
約13%のトータルコストダウンに成功しました。

■まとめ■
●輸送・保管中カビが発生  ●製品に木材の臭いが付着   ●物流子会社で製函ができない
●包装時間の短縮       ●廃材処理がめんどくさい

改善点の5点は、合板木箱をトライウォール梱包に変更で全て解決しました!
今後も、オールトライウォール包装の提案・改善をすすめていく方針です。