那須塩原市の産業文化祭に参加しました

10月15日(土)16日(日)に那須塩原市(旧西那須野町)で開催された、産業文化際に参加しました。
今年は東日本大震災の起った年ということもあり、参加の自粛も考えましたが、被災地にお届けしたダンボール家具などの反響から考えを改めました。ダンボール素材の可能性を多くの方に知って頂く為、参加を前提に準備をしてまいりました。
今回タカムラ産業のテーマは『ふれあい』です。『木工教室』『ダンボール教室』『縁日』(ダンボール箱で金魚すくい)などを通して、地元の皆さんとふれあう事を大切に参加しました。
普段は、現場でモノ創りをしているスタッフも地元の皆様方と『木工教室』や『ダンボール教室』を通して楽しい時間を過ごす事ができました。また『縁日』では多くの皆様とふれあう時間もとれ素敵な笑顔に囲まれた和やかな時間を過ごせました。
この経験を基にこれからは被災地復興支援などにも活動の場を増やしていければと考えています。
今回のイベントでは多くの方々に撮影のご協力を頂けましたこと、心より感謝いたしております。

木工教室(椅子・ラック製作)

木工教室は人気爆発で準備した教材が1日で無くなるハプニング。職人さんが急ぎ工場に戻り、翌日分の準備に大あわて


ダンボール工作キット(海シリーズ)

会場の都合(時間)も有り、工作教室よりも販売が中心になってしまい反省。
購入された方もお家で家族で楽しめたかな?


ダンボール戦機も登場、会場の注目度No1、来場された方、お父さん方にも人気でした。

会場入口で教室受付風景


強化ダンボール(トライウォール)で耐水試験、金魚すくいは子供たちには超人気!


その他にも多くの強化ダンボール製品を展示、『ふれあい』がテーマなのでダンボールに触れる・木に触れる・
人とふれあう。さわって体験!


↓ダンボール遊具 西那須野産業文化祭2011↓

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video