車用パレットにダンボールでチャレンジ

強化段ボールはまだまだ未知数な所があります。強化段ボールで一般的な箱を製作することはどこでも出来ますが、重量物を梱包するに当たり、経験、知識が必要になってきます。
弊社では強化段ボールは木材に変わる素材として考え、エンドユーザーの課題である輸送コストの削減、トータルメリットを常に考え仕様検討し、お客様の不安を取り除く為に日々『成長とチャレンジ』の信念の考えと行動を取りながら何事にも疑問を持ちチームで解決をしています。
今回の車用パレットも弊社の経験、知識となり、他の重量梱包をする際に大きな武器となりお客様の一歩先行く提案を考え、行動していくことを大切にし計画をたて、チャレンジするチームを作り、議論をしながら進め、想像以上で苦難ばかりでした。
車は身近に感じる物ですが紙でパレットを作って見ようなどとは思いませんよね?
実際、乗用車は人がゆったり乗る時にはいいのですが、寸法を測ってみると意外に大きく、いざオール強化段ボールで製作すると色々と考えることがあります。
強度を出す為にはどのような構造にするのか?
どのように製作するのか?
作業手順はどのようにするのか?
課題は山積みでした。チームで議論し、知恵を集め1つ1つ課題を不安ながらも解決をしていき仕様の決定をしました。仕様の製作を机上で考え、いざ製作をするとすぐに壁にぶち当たり現場で製作手順変更や補強などさまざまな問題が発生、対策を考えるのに作業を中断しながら解決していきました。
1度目は重量物を甘く見過ぎ、持ち上げる事は出来なく、持ち上げられなかった時の経験を生かして再度挑戦しました。
経験を生かしても壁にぶち当たり、対策を考え製作に挑み、実際に車を載せ、フォークリフトで持ち上げる時は不安と期待でいっぱいでした。
持ち上がった時には仕様、製作に携わった者の顔は笑顔で満ち溢れていました。充実感、達成感とともに多くの経験や反省点は今後、重量物や多種多様の設計に必ず役に立ちます。
また、どんな物でもチームで取組み活動して行くことの大切さもわかりました。


強化ダンボールで作ったスロープは耐え切れるか??

強化ダンボールでの車用パレット実験です!!


スロープは見事車の重さに耐えられました。

スロープは見事車の重さに耐えられました。


いよいよ、強度の実験です!

スロープは見事車の重さに耐えられました。


木製パレット並みも強度を証明することができました!

持ち上がりました!パレットは曲がっていません!!!


このように何層にも段ボールが重なり、強化されています。

それでは再び、スロープを使って降ります。